人気記事
【受験生必見】絶対やってはいけない勉強法とは?
スポンサーリンク


どうももーりーです。

学生の皆さん勉強してますか??


そんな頑張っている学生のために、

私が学生時代にたどりついたやってはいけない勉強法というのを紹介したいなと思います。

時間がない学生のために結論だけ先に述べたいと思います。

(これをみたらブラウザバックして勉強しよう。)


それは1時間勉強したら1時間ゲームできるといった

ご褒美系の勉強法です。


ではなぜこの勉強法が悪いのか解説していきたいなと思います。

スポンサーリンク

ご褒美系の勉強は効率が悪い

1時間勉強したらゲーム1時間!

このような勉強方、実施している方も多いのではないでしょうか。

しかしこれは非常に危険な勉強法です。

その理由は下の主な二つです。


ご褒美的勉強法のココがダメ

目的がゲームにすり替わり

最初に決めた時間以上しなくなる

目的がゲームになってしまう


そもそもこの方法で勉強を始めると勉強をするぞというモチベーションではなくゲームを早くしたいというモチベーションでスタートするんですよね。

後述するんですが勉強で一番身になる要素とはモチベーションです。自分から学ぶという意識が無いと、ただただ時間が過ぎるのを待ってしまいがちになってしまうわけです。


勉強の調子が良くても1時間で打ち切りになってしまう


仮に筆が乗って勉強がノリに乗ってるとしましょう。


しかしこの勉強法では1時間が経った瞬間、もう脳はゲームを求めてしまいます。


勉強で一番身になるのは勉強が楽しいと思っている時間なのに、

自らその時間を切り捨ててしまう可能性があるということです。


なぜこの勉強法がダメだと気づいたか

私も学生の頃どうすれば効率よく勉強できるのかということを考えていることが多かったです。

何故かというと。私の思考が


  • テストで一位を取りたい
  • FPSがしたい(CODのBO1無限にやってました)


この二つで渦巻いていたからです。


そこで自分がまず最初に取り組んだことが、

テストを最短で100点を取れる状態にする方法を探すでした。


一分間勉強法という謎の本を読んだり、

睡眠学習を利用して15分間勉強したら15分寝てみたり。



そうして最終的にたどり着いた答えが、

勉強自体を楽しまないと身にならないということでした

勉強自体を楽しむのが一番頭に残る

勉強自体を楽しめると、次の内容!次の内容!と学習スピードが高い情報を保つことができます。


そもそもゲームをするために勉強をすることが間違っているわけです。

勉強自体を楽しむことが攻略法なわけですね。

そもそも勉強は楽しいもの

こちらのブログでも紹介しているんですが

人間って分からなくて困らないと、学ぼうとしないんですよ。



しかし、分からないことが分かった時って非常に楽しいんですね。


そのためこれを意図的に起こせるようにすることが最も良い勉強法であり、

その方法は人によって多種多様なため探し出す必要があります。

私がやってた勉強法

私がやってた勉強法は、

①部屋いっぱいに教科書、ノート、プリントを広げる

②面白そうな内容のものを見てみる

③飽きたら別なのを見る

④上記をひたすら繰り返す

以上です。


この方法でやるといつか勉強が楽しくなるタイミングが来るので自分にピッタリでした。

いわゆる数打ちゃ当たる戦法です。


え?参考にならない?


自分に合った楽しめる勉強法を探そう!

正直どの勉強法が楽しめるかどうかは人それぞれだと思います。


私の例も参考にしつつこれなら楽しめるぞ!という方法を探してもらえればなと思います!

見てくださってありがとうございましたー

スポンサーリンク

Twitterはこちら

おすすめの記事